便利な貸しホール利用

時折り会議室等の必要な多数の企業が固定客の貸しホール事業

企業によってはITや携帯端末機器を使った在宅勤務も可能になり、社外でも仕事が進められる時代になったので、常時、従業員分の机と椅子を確保しておく必要性の薄れた企業が増えてきました。更に、経費節減意識も高くなっているので、たまに開く会議やセミナーのために会議室スペースを保有しておくことを止めるようになっています。このような企業を固定客とした貸しホール事業がビジネス街や駅周辺のビルで広がっています。もちろん、企業としてはこのような利用以外にも、就職説明会や社内教育、研修会あるいは商談会など、スポット的に自社の近辺で確実に必要なスペース分の貸しホールを用意してもらえる安心感を貸しホール事業者に対して約束してもらえないとビジネスに支障を来すことになるのです。

従って、貸しホール事業者は固定客の様々な要望に迅速に対応できるだけのフレキシビリティーを持っていないと固定客を失いかねないわけです。最近は固定客以外に個人やグループ或いはNPO法人等の勉強会や打合せ或いは習い事などの利用も増えているのです。このようなスポット需要に対応するために貸しホールはパーティションでフロアを自在に変更できるようになっているので、スポット需要者も望みの場所に適当な広さのスペースを安い費用で借りられて便利なようです。

ピックアップ

Copyright (C)2017便利な貸しホール利用.All rights reserved.